SPFとPAの違い

意外と知らないSPFとPAの違いとは?

こんにちわぁ、美容大好き!農家の嫁です〜!!

 

今日は隣の若奥様Aさんとこんな話になったんです。

 

 

「UVクリームの容器に表記されているSPFとPAの違い」

 

 

なんとAさんは米肌の澄肌CCクリームを使ってUVケアを

 

している身でありながら意味もわからず使っていたという。

 

 

なので、私がAさんに教育的指導しちゃいました♪

 

 

私「Aさん、SPFというのはね、

 

肌を日焼けして赤くする紫外線B波をカットする強さを表しているのよ。

 

SPFの強さは1〜50で表され、50以上は50+という風になってるの。

 

澄肌CCクリームはSPF50+だから、UVクリームの中では最強なんだよね。

 

そしてPAは、紫外線A波をカットする強さを表したもの。

 

紫外線A波は、肌の奥まで侵入し、シミやしわといった

 

老化の原因につながる電磁波なので非常に厄介!

 

 

昔は+〜+++の3段階の強さまでだったんだけど

 

近年の紫外線A波はきついからね。

 

2013年から最強の++++が新しく追加されたのよ。

 

ちなみに澄肌CCクリームは最強のPA++++♪」

 

A「ZZZZZZ」

 

私「ZZZって、寝てたんかい!!??」

 

 

さて、UVクリームは数値が高ければ高いほど

 

肌へのダメージも強いというイメージがありますよね?

 

ですが、さすがコーセーの米肌です。

 

 

澄肌CCクリームは業界最高値のカバー力はさることながら

 

肌に負担をかける成分を一切排除しているので安心なんですね。

 

また、薄付きでサラッとしているのでつけ心地が軽いのもうれしいです。

 

正直、UVするなら澄肌CCクリームがおススメですね♪