農家の日焼け対策

農家の日焼け対策とは?

こんにちわぁ、農家の嫁です〜♪

 

今日は隣の若奥様のAさんと一緒に

 

農作業のお手伝いに行ってきます!

 

 

それではAさん、準備は大丈夫?

 

 

A「バッチリですよ、なんたって米肌の澄肌CCクリームで

 

紫外線対策は万全ですからね」

 

A「それに、たった4時間の農作業じゃないですか?

 

なので、UVケアだけで十分。

 

4時間程度の紫外線を浴びたからといって、

 

すぐ顔にシミができるわけじゃありませんからね」

 

 

 

私「まぁ、そりゃそうだけど、

 

シミって、長い年月をかけて蓄積したダメージの許容量が

 

満タンになることで初めて

 

肌にあふれ出るように表面化されてしまうと言うから。

 

それに農家の日焼けはきっついよ。もしかしたら今日の

 

4時間でシミが満タンになっちゃうかもしれないし。

 

Aさん、40歳になっても

 

シミやくすみ1つない綺麗な素肌でいたくない?

 

 

私なら日焼けしないように

 

カラダの内側からも紫外線対策をするかも。

 

絶対に日焼けしたくないからね。

 

土壌って反射光がきついから、最強の澄肌CCクリームと言えど

 

ちょっと不安、でも、紫外線に対する抵抗力が付くように

 

日々ビタミンCを摂り続ければ

 

ビタミンCの抗酸化力が、紫外線によって発生した

 

活性酸素を除去し、肌を守る効果があるのよね。

 

是非Aさんも今日からビタミンCを摂取してみて!

 

農作業から帰ってきた後、

 

「男梅」みたいに顔が真っ赤になってたら凹むわよぉ。」

 

 

というわけで、農家に嫁いだ私たちは

 

UV最強の澄肌CCクリームとビタミンCの摂取で

 

外からと体の内側から日焼け対策をしています。