クレンジングの悪い成分

クレンジングに配合されているNG成分って!?

クレンジングのNG成分を知っておけば、クレンジング選びにも

 

非常に役立つと思います。

 

ここでは、女性の肌に避けたい有名なNG成分についてお伝えしますね。

 

@BHT(安物の酸化防止剤)

 

Aメチルイソチアゾリノン(殺菌力のある防腐剤)

 

Bミネラルオイル(石油系)

 

Cグリコール酸(ピーリング作用があるので刺激がある)

 

 

敏感肌の方なら、上記4成分が入っていないクレンジングを

 

選んだほうがいいかも。代表的なNG成分を4つ挙げました。

 

意外と高級なクレンジングでも、上記のNG成分が2つ以上

 

配合されているクレンジングが平気で店頭に並んでいる時代なので

 

自分でクレンジングを選ぶ場合はNG成分を避けて選んでみては

 

いかがでしょうか?

 

楽天やアマゾン等のネット通販なら、実店舗と違って成分表示欄が

 

必ずありますので、クレンジングの良し悪しを見分けることができると思います。

 

長く使うものですからは肌に負担がかかりにくクレンジングを選びましょうね。