米肌の美白化粧品とアスタリフト

米肌の美白化粧品とアスタリフトホワイト比較してみた!

こんにちわぁ、農家の嫁です〜♪

 

いきなりですけど、米肌の美白化粧品とアスタリフトホワイト、

 

どっちが良いのか気になりませんか?

 

 

どちらもCMで有名なメーカーさんが出している美白化粧品なので

 

気になっている方が多いのではないでしょうか?

 

もちろん、私もその1人、

 

なので、トライアルを取り寄せて内容や使用感を比べてみました。

 

内容の違い

 

米肌の美白トライアルの内容(14日分)

@米肌の肌潤石鹸

 

A澄肌美白化粧水

 

B澄肌美白美容液

 

C澄肌ジェルクリーム

 

D澄肌CCクリーム

価格 送料 お得感
1500円 送料無料 米肌,美白,アスタリフト

 

 

アスタリフトホワイトのトライアルの内容(5日分)

@ジェリーアクアリスタ

 

Aアスタリフトホワイトローション(30ml)

 

Bアスタリフトホワイト美容液(12ml)

 

Cアスタリフトホワイトクリーム(10g)

価格 送料 お得感
1000円 送料無料 米肌,美白,アスタリフト

 

美白成分の比較

 

いきなりですが、美白化粧品は雰囲気で選んじゃダメですよね?

 

なぜって!?美白化粧品の中には美白成分が入っていないものもあるからです。

 

なので、ちゃんと厚生労働省が認定した薬用美白成分を

 

配合した美白化粧品を選ぶのがお勧めなんですね。

 

 

では、米肌の美白化粧品とアスタリフトホワイトならどうでしょうか?

 

もちろん、この2つの美白化粧品にはちゃんと美白に有効な成分が入っていますよ。

 

 

美白有効成分は、シミの生成にスイッチを入れる

 

紫外線と活性酸素をブロックする効果があります。

 

澄肌美白の美白成分

 

●ビタミンC誘導体

ビタミンCを肌に吸収しやすいようにしたものがビタミンC誘導体です。

 

シミの元であるメラニンの生成を抑えます。また抗酸化作用があり、

 

ニキビ跡のシミにも効果を発揮します。

 

アスタリフトホワイトの美白成分

 

●ビタミンC誘導体

 

●アルブチン

チロシナーゼという酵素の活性を抑えることで、

 

メラニン(チロシン)が黒色素に変換するのを抑える効果があります。

 

●アスタキサンチン

サケやイクラなどに含まれる赤い色素成分でカルテのイドの一種。

 

メラノサイトに直接作用してメラニンの生成を抑える効果と

 

抗酸化作用を発揮して、間接的にメラニンの生成を抑える効果があります。

 

使用感による感想

 

アスタリフトホワイトの使用感など

アスタリフトシリーズの特徴は

 

洗顔後の化粧水の前に、ジェリーアクアリスタという

 

ゼリー状の美容液を使うのが特徴です。

 

保湿成分であるセラミドを肌の奥に届けてから

 

化粧水、美容液、クリームを使います。

 

全体的に重たくない印象の付け心地ですが、

 

全ての化粧品にほのかなダマスクローズの香りがあります。

 

この香りは、スキンケア後に肌に残ったりしませんが

 

スキンケア中は印象に残るほど良い香りですね。

 

澄肌美白の使用感など

米肌シリーズの特徴はなんといってもライスパワー。

 

潤いの凄さに特徴があり、塗った直後の肌のきめが整った

 

あの感じに感動した方も多いのではないでしょうか?

 

私もトライアルでこんなに感動したのは初めてでした。

 

また、化粧水や美容液のつけ心地も軽い印象で、

 

みずみずしくサッパリしているのが良いですね。

 

そしてスキンケア中の香りが気にならないのが良い。

 

お米と発酵の美白化粧品ということもあって

 

やや日本酒のような香りがしますが、スキンケア中も

 

邪魔にならないし、スキンケア後も肌に残ったりしません。

 

まとめ

 

アスタリフトと米肌の美白化粧品、メラニンの生成を抑えシミを予防する

 

という点では同じ。でも、どっちが優れているということは言えません。

 

なぜなら、肌との相性の問題があるからです。

 

どれだけ優れた美白化粧品も、肌に合わなければ効果が半減します。

 

なので、まずは自分の肌との相性を確かめることから

 

始めてみるのが良いかもしれません。

 

そして、それが手軽にできるのがトライアルセットなんですね。